異様に暑い


この季節にしてはかなり暑いです。
住み着いているハイラジャポニカ君も暑いのか住処を離れて水場で黄昏て(寝てる?)います。

越冬


玄関に放置している一輪挿し?みたいな陶器に去年から住み着いていたニホンアマガエル。
どうもこの中で冬眠していたようです。
暖かいと顔を出します。

脱皮!

081009腹を膨らませたり、横腹を凹ませたり、口を開けたり、足でたぐり寄せたり、かなり体力を使っているようで、最終的に古い皮が口に収まる。いつの頃からか皮を確認できるようになった。
ツノガエルやバジェットと比べて、ミツヅノコノハガエルの励むその姿は特に奇々怪々である。

ミツヅノコノハガエルとチャコウラナメクジ

080407上の写真が変態から1ヶ月後、下がそれから7ヶ月後の現在。変態直後のサイズが1cm満たなかったし、暴食させている訳でもないからこんなもんだろう。ツノガエルのように目の前で生き餌以外の物をブラブラさせても食いつく奴ではないので、ひたすら生き餌オンリーでナメクジ9のコオロギ1の割合。腹一杯だと見向きもしない健康を気遣う性分のようだ。現在体長約5cm。写真でも解る通り今まで隠れたりウンコしたりしていたシェルター(素焼きのぐい飲み)には入れなくなった。

080407bここ半年程、お向かいさんの許可を得て家庭菜園のプランターからナメクジ駆除も兼ねて餌を確保していますが、今日も夜中にコソコソ捕獲に行くとそこには子ナメクジが大量に発生していた。こうナメクジとの付き合いが長くなるとものすごく愛おしく感じたりもする。よく観察すると体長5~7mm程度でも立派に延びたり縮んだりする目があったり、チャコウラの特徴である二本スジがくっきり出ていて可愛い。お向かいさんにとっては見つけた分は駆除してほしいと思っているのだろうけど、なんというか成長が楽しみというか、正直、乱獲せずに継続的な生簀として期待しちゃたりするのだ。じきにこのプランターには去年居たニホンアマガエルもやってくるだろうし・・・。

脱皮中

080126ほとんど皮は確認出来ないが、四肢を使って器用に脱皮しているみたい。ただ口を大きく開けて目をつむると妖怪に変化する。

6月下旬にオタマから飼育し始めて半年。20~24度のケージ内で体長は4センチ近くなり、1週間に2度程の餌(ナメクジ/コオロギ)、糞も良好とすくすく育っています。