本日発送分

060830と今週中にちらっと見えているバジェット、アマゾンBig等をなんとか・・・。
まだお知らせしている完成、発送予定日より10日程遅れているかな、28日完成予定分もあと1週間程辛抱して下さい。

バジェット君Big発売以降、Bigシリーズのご注文が相次いだ為、多くの方にひと月以上お待たせしてしまって申し訳なく思っています。でも7月中のご注文分はすべて発送が済み、ほんの少し遅れを挽回しています。

カエルグッズコレクション1000

HYOSHIあの「ザ・カエル」や「ビジュアルガイド」等でお馴染みの誠文堂新光社から、生カエルではないカエルグッズの写真集「カエルグッズコレクション1000」が発刊されます(9月22日発売予定/1680円税込み)。Yahoo!ブックスやセブンアンドワイ等で予約受付が始っているようです。

ほとんど忘れかけてたのですが、たしか3月末頃だったかな?取材依頼があったので1000分の1~2くらいご協力させていただきました。まだ見本誌が届いてないので何とも言えませんが、カタログ的ではなく蛙について内容の濃い物になるとか・・・・。
依頼時(4月頃)に聞いた話では、カメラは爬虫類、両生類専門のカメラマン、「ハペトロジー」や、「爬虫類両生類ビジュアルガイド」、「ザ・カエル」などを担当した方が編集長とのこと。
それと新潟大学名誉教授の岩澤先生、田園調布のカエルのお医者さん田向先生、イグノーベル賞受賞のアデレード大学の研究者の方等が登場するらしいです。

見本誌が届いたらもう少し詳しくお伝えしますね。

バジェット君どうした?

060822数日前のこと。バジェット君飼育後はじめての異変あった。
徐々に手先、後肢、そして腹部に痙攣がみられる。その症状がおきてから、毎夜数時間、バジェット君の視界に入らないよう心がけながら観察していると、ジッとしている体勢でも痙攣が治まらなく、なにか脳障害があるように動きが変になっていた。そして次第に悪化していった。
いつもなら水槽近くにこちらが姿を見せると、ヒョコヒョコ寄って来たものだが、身体がおかしいのか全身痙攣しながら変な動きをみせ、呼吸をする時のスッと水面に鼻先を上げる動きもぎこちない。
痙攣に関しては何かで読んでいて、血中にカルシウムが不足すると痙攣がおきるとか。
たしかにここ最近、砂肝サンド(乾燥淡水エビをはさんだ物)のエビが無くなって、砂肝のみが続いたのが原因なのか?
とりあえず何か吸収が良いカルシウムたっぷりの餌をと買ったのが亀用のレプトミンスーパー。カルシウム、ビタミンD3が強化配合されているらしい。これだったら固形なので与え易いと、薄く切った砂肝に包んで食べさせてみた。
そしたらあっけなく数時間後には痙攣が治まって、いつものバジェット君に戻った。戻っちゃった・・・。それから数日経つけど、まったく痙攣がない。以前のように元気に過ごしている。
油断ならんが、なんか簡単すぎる・・・。



楽な飼育?

060820a060820bアトリエの玄関に放置してあるプランターに毎年現れるニホンアマガエル。今年現れたのは一見さんのようです。小さすぎの体調12~3ミリ。
毎日観察出来るし、ふといつかベルツノ君のおやつにでもとか・・・そんな目で見ていたり・・・。皮膚の粘膜に少々毒があるので対象外ですが。
まあ飼育観察とは違って風情を感じ得ます。そして創作のアイデアも・・・。

バジェット君Big届きました?

0608187月10日に発売したバジェット君Big続々と発送しています。次の発送(2体)は8月21日頃になります。
他のご注文分も7月31日発送予定分があと一つ、その次が8月7日分、12日分、14日分と成型は出来ていますので、あとは彩色のみです。もう暫くお待ち下さい。
少しずつ製作の遅れを挽回している所です。と同時に新作の準備にも入っています。現状では9月上旬かな?

新作は、構想から1年半、作業工程も通常の7~8倍の時間がかかる作品になります。一応販売は考えているので、値段も付けはします。が、たぶん売れないでしょう・・・・。ただこれは「創る」という意味ではカエルの森工房にとって、新たな起点になる作品になると思います。