続・フィンランディア


昨年の今日(2008年9月30日のブログ記事)に思い望んでいた事が今年8月に現実となって、写真にあるようにフィンランドにて午後10時、白夜、ホテルの窓から漏れる明かりの中、iPodでシベリウスのフィンランディアや交響曲集を聴きながら地産ウォッカ『フィンランディア」を飲む事が出来た。
そしてまた、今年行けなかったサヴォンリンナオペラフェスティバルと北カレリア地方に想いを馳せ、少し白々としてきた窓の外を白夜と勘違いしながらフィンランディアをチビチビやるのであった。

来年も行けたらいいな・・・。

本日発送分


最近何かと落ち着かず、バタバタしておりました。
とりあえず本日の発送分と、今週中の完成予定分です。

しっかり10月の新作もだいぶ完成に近づいて10月上旬・・・中旬までには掲載出来そうです。

黄色素胞欠乏個体


ニホンアマガエルDXver.のページにリーフレットにチラッと載せていた黄色素胞欠乏個体を追加しました。

新作「アマガエルBFver.」


ここ最近、労力を考えるとどうしても作品の販売価格が高額になってしまって、それでも購入いただけるのはとても感謝、恐縮しています。
なにかもう少し安価で、多くの方々に作品を手に取っていただく方法はないかと模索した結果、ブロンズフィニッシュ(青銅風仕上げ)であれば、特に小さく細かい部分の造形や彩色の手間が省け、尚かつ、なにか慎み深く、したたかな蛙の表情も出せると思い、ブロンズ像として新たに説得力のあるポーズや造形を考慮して制作してみました。
またブロンズフィニッシュと言えば、「さびカラー」という便利な物も市販されていて説明書通りに使用すれば誰にでもそれなりのブロンズ風に仕上がり労力もかかりませんが、自分が描いている仕上がりとはほど遠いので、いつものように筆による手彩色でブロンズフィニッシュを行っています。

今後、好評であればアオガエル科、ヒキガエル科と大きなくくりで制作して行きたいと思います。

新作 アマガエルBFver.

9分割?


アズマヒキガエルの型は9分割。見た目以上にポーズが意外と複雑だったようです。型が乾燥してから成形にかかりますので、ご注文されたお客様、もう暫くお待ち下さい。