焼酎以外のお土産

060609九州レプタイルフェスタでもそうだけど、うち以外にも造形物を展示販売をするブースが数件有り、その中で唯一興味深いのが「Count blue」さん。
作品はイベント等で拝見していたのですが、すれ違いが多く会えずに3年近く経って今回、はじめて作者さんにお会い出来ました。Count blueさんもこちらの事をご存知だったようで、わざわざ挨拶に来ていただきご対面となった訳です。

爬虫類系のイベント以外にも造形関係等のイベントがあり、その中でも個人で制作している生物系造形物のそのほとんどが工業製品まがいの仕上げを目指しているのか、志が低いのか、良い意味での泥臭さが無く無機質で、全く興味を抱かなかった訳ですが、Count blueさんにはその泥臭さを感じていました。
素材を最大限に使いこなし、色彩感覚も優れ、なんといっても一つ一つの緻密な作業。見習う所が多いです。たぶんうちよりも廃棄物を出していないのではないかな?

また技術に裏打ちされた洒落っ気が作品にあり、その中でも今回購入した写真の「ピンクマウス」(やや腐敗が進んでいる)、「ピンクマウスの着ぐるみを着た人」(完売でした)がお気に入り。
今後の展開が愉しみな作家さんです。

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する