フィンランド紀行3


スオミ・フィンランドの原風景、北カレリア地方コリ国立公園。
妻アイノの兄に誘われてコリに訪れたシベリウスは、鬱蒼とした森、氷河期に形成された巨大な岩盤とピエリネン湖に浮ぶ島々に魅せられ交響曲4番以降の作品に大きな影響を与えたようです。
(ガイドブック等では交響詩「フィンランディア」のモチーフと書かれている物もありますがそれは誤り)
是非とも訪れてみたかった所で実際に来てみると、その想像以上の雄大さに絶句しました。今後の創作活動にどう影響するか・・・色々と考えさせられます。
日没は22時過ぎで、天気が良ければ21時頃から徐々に空が紅く染まっていくのですが、その現象は26時を過ぎても続き、そのまま朝焼けへとなり日の出となります。

サヴォンリンナに二泊、コリ国立公園に三泊。明日はまたヘルシンキにもどります。

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する