今年も北海道に行ってきた

エゾアカガエル

避暑のつもりで行った北海道。92年ぶり3日連続の猛暑日となった帯広と史上最高気温を更新した阿寒湖、まさにその時滞在したもんだからこれも貴重な経験か...昨年は6月に梅雨の無い北海道でずっと雨だったから。
阿寒湖の旅館ではクーラーはもちろん扇風機も必要無いのが当然なのだろう、部屋が暑い暑い暑い、室温30度はあったかな2階だし。旅館の主人も夜になれば涼しいから...と申し訳なさそうに自信無く言ってたけど、案の定、夜も朝も暑かった。地元の人もこんな酷暑初めての事なんだし仕方ない事。

まあそんなこんなで滞在中、雨が降らないし天気に恵まれていた..か?と言うとそうでもなくて、雨が降らなかったおかげで、粘菌やら地衣、キノコ類等の観察を楽しみに行った阿寒の森の散策は寂しいものになった。

阿寒の森 オンネトー散策路








オンネトー野営場にてテントのフライシートの中にまで入ってきたオオミズアオ(オナガミズアオ?)。トイレに行く時にヘッドライトに向かってくるのか顔に当たってくるし、カサカサ、バサバサ沢山に襲われた。
朝には死んでたけど、プニプニ部分だけをカラスが食べてたのが印象的。(写真ピンボケ失礼)


阿寒以外は、
野付半島のオジロワシ


トドワラは寂しい事に




釧路湿原..マイマイガの幼虫(毛虫)が大量発生中で森林が禿げ上がっていた。
大量発生といえば今回行った道東はモンシロチョウ、アブがすごかった。あとエゾジカは「牧場か?」というくらい居た。




再びオンネトーへ
せっかくだから雌阿寒岳登山。仕事の合間の僅かな時間にトレーニングしていたおかげか、醜い筋肉痛にはならなかったかな...暑くてキツかったけど。









おしまい。